受験生の方へ在学生の方へ保護者の方へ卒業生の方へ地域の方へ社会人の方へ

トップページ >> キャンパスライフ >>年間行事の様子

長野県看護大学

「2013年度国際看護実習」

 

日時:7月28日(日)〜8月10日(土)

 

本学では、協定校であるサモア国立大学と国際看護実習を実施しています。

 

大学での歓迎会

 

カンファレンスの合間にも踊りの練習!

 

プラムの里での臨地実習(1)

 
 

プラムの里での臨地実習(2)

 

プラムの里での臨地実習(3)

 

JICA駒ヶ根でサモア派遣予定隊員と交流

 
 

日本での買い物、何を食べようか!?

 

いよいよ踊りの本番!練習の成果は?
 

サプライズだった歌とギターにうっとり・・・

 
 

実習先では「親分」と呼ばれました

 

学年を超えてボランティアが活躍!

 

ここまでの成果の学内報告会がおこなわれました。

 

 
 

生協の夏祭りに参加!(詳しい様子はリンク先を参照してください)

 

次は、東北被災地での実習です。

 

皆さん、お別れでちょっと涙。

 
 

卒業生が活躍する病院で糖尿病ケアの討論

 

松本で既卒実習生と交流を深めました

 

保健師による避難所での具体的な災害看護を語っていただいた

 
 

美しい松林もあっという間に津波に呑みこまれた

 

宝来館ではビデオとともに実体験を講話いただく

 

旧大槌町役場跡に呆然とたたずむ

 
 

役場前では実体験を自発的に説明下さった

 

院長先生には帰る間際まで丁寧な解説をいただいた

 

県立釜石病院では多くの時間を割いていただいた

 
 

最後の夜「ラウ・サモア」を全員で合唱!感動的でした

 

サモアンダンスの手つきは即興じゃできないのよ

 

向学心あふれる女子会はサモア語レッスンに発展!?

 
 

海に親しむイベントに参加し歌を披露

 

協力隊サモア隊員OGも飛び入り参加

 

成田でお別れ、来年は現地でお世話になります