受験生の方へ在学生の方へ保護者の方へ卒業生の方へ地域の方へ社会人の方へ

トップページ >> キャンパスライフ >>年間行事の様子

2014(平成26)年度国際看護

実習(サモア渡航年)報告

 

日時:8月4日(月)〜8月15日(金)

 

学部4年生2名・3年生4名の合計6名が参加しました。

 

6月に来学されたエセタ学部長と再会。昨夜、サモアに到着したばかりの学生たちもその笑顔に気持がほぐれる

 

初日の午後からNUSの学生を前に、日本文化紹介の英語プレゼン。「よさこい」も実演

 

ガールズ・トークは、国や言葉を超える!辞書やデジカメ、スマホ片手に女子会のごとく盛り上がる

 
 

在サモア澁田日本大使から伺った「サモア人の生き方」のお話は、帰国までの間に何度もかみしめた

 

JICAサモア支所では、既卒国際看護実習生が協力隊としてキリバスでお世話になった調整員と面談。大使館やJICAからは円滑な実習や安全面で強力なフォローアップをいただいている

 

2009年卒国際看護実習生の先輩が東京から駆けつけて参加。先輩、「5年ぶり」というユニフォーム姿に全く違和感がありませんね

 
 

緊張で一杯の実習初日。どの病院のスタッフも、学生の手を取るようにいつも丁寧に指導してくださる

 

コミュニティの女性グループが準備したランチ。タロイモのほかに、予想外に野菜が多い

 

コミュニティ訪問前、ベテラン・ナースから伝統のラバラバ(布)をつけていただく

 
 

昨年来学したツイウリ(ティー)さんと再会、インターンシップ中の彼からサモアのTender Lovely Care を教えていただいた

 

「タクシー分娩」という衝撃のシーンに立ち会わせていただいた母子も翌日には退院。映像等公開の許可をいただく

 

先輩はついに2009年に来学したセイラさんと、5年ぶりの再会を果たした

 
 

先輩から聞いたはるか南の島の村々、昨年来日したエメレさんのサポートを受けつつ、コミュニティ・アセスメントを学ぶ

 

サモアの衣食住において、「捨てるところが一つもない」という万能な資源、本場のココナッツはどんな味?

 

予想以上に野菜は食べられている。この包丁は中国の影響??

 
 

国際看護実習では、時間外での「サモアン・ダンス」が毎度必修です

 

3日間の実習で、私たちもいよいよ「ラロマヌ病院スタッフ」として認定!?

 

衝撃!サバイイ島でのホームステイは、21組のはずが11名1組で一つ屋根の下だった

 
 

毎朝430から祈祷が行われる隣の教会で、日曜礼拝に参加

 

礼拝の後は、噂に聞いたサモアの伝統、UMU料理。生まれて初めて食べる物も

 

安息日の日曜だから、午後は「はんなりと」ビーチで洗濯・・・のはずだった

 
 

やっと訪れた自由なひととき。思いにふけるもよし、ナマコと戯れるもよし、コマーシャル女優になるもよし・・・

 

壁のないあずまやのような宿では、周りの子どもがガールズを放っておかないのだ

 

86日はサモアの祝日、スポーツ・イベントに協力しサモア人の底知れない体力を知る

 
 

この実習開始当初、NUSの学生として本学実習生と交流した、という助産師さん、とにかく笑顔が素敵であたたかい

 

どのお宅に訪問しても、家族は看護師を尊敬し、学生も受け入れて下さった

 

えーっ、この先にも訪問家庭が?NUSのマア先生の娘さんのご案内に従うと厳しい実習になるよ

 
 

残り少なくなってしまったサバイイ島での実習。グループを超えて体験を共有する

 

翌朝、ステイ先の家族全員によるお見送りイベントに、サモアの伝統とサバイイに生きる人々のプライドを実感した

 

2005年に来日されたヘンリー君とファアさん。チームサモアの皆さん、サバイイで同窓会したいそうですよ!!集まってくれるかな?!

 
 

終始細やかな心遣いを下さるヘンリー君に、実習最終日まで熱心に学ばせていただいた

 

サモア滞在もあと3日間のみ。NUSでの実習成果報告会準備に、早朝から真夜中まで集中しました

 

2つのグループに分かれての発表会、ナースホールに歴代来日留学生や100名以上の学生が集まった

 
 

初日に引き続き、地元新聞社の取材もいただいた

 

この笑顔が、実習応募前の不安を吹き飛ばしてくれる。来て見て間違いなし!

 

南の島に看護を学ぶ私たちの仲間がいる・・・いつか、きっと、また会おう、いつ来ても迎えてくれるサモアの友よ。

 
 

成果報告会が終わって、この笑顔です!明日土曜日の自由時間、どこへ行こうかな!!

 

もちろん、2011年来学のマウアさん、イサイアさんも忘れてはなりません!ますます成熟・成長中!すきや、しまむら、ブラックサンダー変わらずアイシテマスって

 

最後の一日、出国前に首都を散策し、地方の医療や暮らしとの違いを勉強するのも大事な時間

 
  現地新聞掲載版(写真ファイル)   成果報告会広報チラシ1枚(PDF)   実習報告掲示用チラシ1枚(PDF)