受験生の方へ在学生の方へ保護者の方へ卒業生の方へ地域の方へ社会人の方へ

トップページ >> キャンパスライフ>> サークル活動>> ほがらかふれあい農園

ほがらかふれあい農園

  農園サークルは、2001年(平成13)年に設立されました。 地元の皆さんに支えられながら、様々な作物やお花を育てています。春夏の作物の他、玉ねぎなどの越冬作物も作付けします。地域柄、プロ並みの支援者の方が多く、花壇においては、賞を頂くほどの素晴らしいできです。育てた作物は、皆でおいしくいただいたり、持ち帰って自炊に用います。「自分達で育てたものを自分達で食す」、簡単には経験できない貴重な体験が味わえます。

本年度のサークル長から(2年生)

大学生活は毎日ハードで、なかなか自然と触れ合ったりする機会が少ないかと思われます。農園サークルは毎週土曜日に活動していますので、駒ヶ根の美しい自然を満喫でき、とても落ち着ける良い機会です。何より美味しい無農薬野菜が沢山持ち帰れますし、農園長が丁寧に教えて下さいますので野菜を育てたことがない方でも気軽に参加できます!ぜひ一度遊びに来てください。

顧問・地元の支援者の方々

地元の支援者の方々
  • ○ 小出一夫(農園長、看護大学周辺地域景観形成住民協定協議会 事務局長 )
  • ○ 桃沢信人(地元町内会長兼務)
  • ○ 木下宏(地元町内会厚生部長)

大学顧問

  • ○ 太田克矢

本年度の活動計画

 4月〜11月頃は、定例の活動(作付けや収穫)を毎週土曜日に行っています。

4月上旬 大学入学式 〜 <サークル新規会員勧誘活動>
5月上旬 新入生歓迎会
5月上旬 町内会の「交流ソフトボール」に参加・応援
6月中旬 「看護大学ふれあい花壇」の植付け作業
6月下旬 大学玄関前
7月下旬 中間の慰労会パーティー
9月中旬 地元の「交流運動会」に参加
9月下旬 鈴風祭(大学祭)に、トン汁・野菜販売コーナーを出展
10月下旬 「看護大学ふれあい花壇」の撤収作業・慰労会パーティー
10月下旬 農園収穫祝い
12月初旬 地元の「しめ縄づくり」に体験参加
1月初旬 地元の正月後の行事(どんと焼き)に参加
3月初旬 サークル卒業生の送別会パーティー
3月初旬 大学卒業式