受験生の方へ在学生の方へ保護者の方へ卒業生の方へ地域の方へ社会人の方へ

トップページ >> キャンパスライフ >>年間行事の様子

2014年2月22日(土)

13:30-16:30

第2回公開講座

講師およびテーマ:

阿保順子 学長 「身体の深層をみる」
多賀谷昭 教授 「骨は語る」

お足もとの悪い中

多くのご来場を

ありがとうございました

 

阿保学長は、「精神病」「認知症」「看護技術」の3つの研究テーマからなる身体に関する思考の軌跡を辿ったご経験をお話してくださいました。具体的な看護場面を例示いただきながら、私たちが普段目にしている解剖生理学的な身体(表層)の下には、オノマトペのような意識には上ってくるが言葉の一歩手前にある身体(中間層)、そして予兆・直観・第六感のような言葉としてのまとまりをもたない身体(基底層)の多層性があるのではないかと看護の可能性の広がりについて示唆を得ました。なにより、「邂逅は運命的なものである」という学長の言葉にぐっと胸が熱くなる思いを感じ、お二人の先生のこれまでのご功労に敬意を表し、益々のご健勝とご発展をお祈りいたします。 ありがとうございました。