氏 名 太田 克矢 (Katsuya OTA)
職 名 教授
講座名(分野) 人間基礎科学講座(生物・化学)
学 位 修士(理学),博士(医学)
担当科目
看護学部

 化学,生物学,生命科学演習,生化学,遺伝と人間,卒業研究

大学院博士前期課程

 病態機能学特論T,病態機能学特論U,病態機能学演習

大学院博士後期課程

 生命科学特論

研究活動

輸液中に発生する気泡の抑制法方の開発、水中運動を用いた高齢者ヘルスプロモーションに関する研究(健康保健学 那須特任教授らとの共同研究)、遠隔看護システムと機器の開発に関する研究(健康保健学 北山教授との共同研究)

略 歴
<学歴>

平成2年 立教大学理学部化学科卒

平成5年 立教大学大学院 理学研究科 博士課程前期課程 修了

平成9年 立教大学大学院 理学研究科 博士課程後期課程単位取得退学

<職歴>

中学理科教員、大学教員などを経て平成19年4月に着任

平成19年 准教授

平成22年 教授

主要著書・論文
<論文>
太田 克矢, 熊谷一樹, 牛山裕貴, 竹内 幸江 : 電子レンジ法による輸液ライン中に発生する気泡の抑制. 看護人間工学研究誌, vol.12:21-26(2011).
Suzuki E, Tagaya A, Ota k, Nagasawa Y, Matsuura R, Sato C. (2010): Factors affecting turnover of Japanese novice nurses in university hospitals in early and later periods of employment. Journal of Nursing Management, 18:194-204.
太田克矢, 関口めぐみ, 寺田静枝, 本田知里, 細田江美, 永澤悦伸, 渡辺みどり, 北山秋雄 : 食酢と温水の連続処理による新しい歯ブラシ消毒方法の検討. 看護人間工学研究誌, vol.11, :37-42(2010).
中畑千夏子, 鈴木遥, 花村百合恵, 藤井有紀恵, 飛彈浩一, 赤羽洋子, 太田克矢, 永澤悦伸 (2010): 保育所および幼稚園において小児が共同使用する玩具の衛生管理に関する調査. 医学と生物学, 154(3): 98-107.
早出春美, 太田 克矢 (2010): 看護基礎技術の習得を評価する客観的指標の検討〜学習方法の相違による技術実施所要時間に着目して〜. 看護人間工学研究誌, vol.10:41-43(2009).

太田 克矢, 野口 岳志, 今村 明文, 永澤 悦伸, 竹内 幸江, 那須 裕

気相振とう法による輸液ライン中に発生する気泡の抑制. 看護人間工学研究誌, 2009,Vol10:39-40.

太田克矢, 内山千恵美, 久保佑佳, 田村有紀, 杉浦佳代, 飛彈浩一, 竹内幸江, 那須裕 輸液ライン中の気泡発生の抑制法に関する研究. 長野県看護大学紀要, Vol11:11:11-18. 2009

Tanaka Y, Ota K, Kameoka M, Itaya A, Yoshihara K.

Related Articles, Links Up-regulation of NFkappaB-responsive gene expression by DeltaNp73alpha in p53 null cells.Exp Cell Res. 2006 May 1;312(8):1254-64. Epub 2006 Jan 23.

Tanaka Y, Kameoka M, Itaya A, Ota K, Yoshihara K.

Regulation of HSF1-responsive gene expression by N-terminal truncated form of p73alpha.Biochem Biophys Res Commun. 2004 May 7;317(3):865-72.

Ota K, Kameoka M, Tanaka Y, Itaya A, Yoshihara K.

Expression of histone acetyltransferases was down-regulated in poly(ADP-ribose) polymerase-1-deficient murine cells., Biochem Biophys Res Commun. 2003 Oct 17;310(2):312-7.

Ota K, Yakovlev AG, Itaya A, Kameoka M, Tanaka Y, Yoshihara K.

Alteration of Apoptotic Protease-Activating Factor-1 (APAF-1)-Dependent Apoptotic Pathway During Development of Rat Brain and Liver. J Biochem (Tokyo). 2002 Jan 1;131(1):131-5.

Yakovlev AG, Ota K, Wang G, Movsesyan V, Bao WL, Yoshihara K, Faden AI

Differential expression of apoptotic protease-activating factor-1 and caspase-3 genes and susceptibility to apoptosis during brain development and after traumatic brain injury.Journal of Neuroscience., Oct 1;21(19):7439-46 , 2001

Kameoka M, Ota K, Tetsuka T, Tanaka Y, Itaya A, Okamoto T, Yoshihara K

Evidence for regulation of NF-kappaB by poly(ADP-ribose) polymerase.Biochem J 2000 Mar 15;346 Pt 3:641-9

Sakamoto, S., Morisawa, K., Ota, K., Nie, J., Taniguchi, T.

A binding protein to the DNase I hypersensitive site II in HLA-DR alpha gene was identified as NF90. Biochemistry., 38(11),3355-3361,1999

Nie J., Ota., K., Morisawa, K., Auer, B., Schweiger, M., Taniguchi, T.

Analysis of the TPA regulatory element in the genomic Poly(ADP-ribose)synthetase gene in human leukemia U937 cells.Biochemistry. ,37(40),14181-8, 1998

Yoshihara K, Ota K, Ide T, Tanaka Y, Kameoka M, Koide SS.

Anti-Ca2+, Mg2+-dependent endonuclease antibody detects specifically a class of chromatin-bound endonuclease.Biochem Biophys Res Commun 1997Jul 18;236(2):423‐6

Taniguchi, T., Ota, K., Qu, Z.Morisawa, K.

Effect of poly(ADP-ribose) synthetase on the expression of major histocompatibility complex (MHC) class II.Biochimie. 77,472-479, 1995.

Imai, T., Ohta, K., Kigawa, H., Kanoh, H., Taniguchi, T., Tobari, J.

Preparation of High-Molecular-Weight DNA: Application to Mycobacterial Cells.

Analytical Biochemistry., 222, 479-482,1994.

所属学会
本生化学会、日本分子生物学会、日本花粉学会 、信州公衆衛生学会、日本遠隔医療学会、日本看護科学学会、日本看護福祉学会、人間工学学会看護人間工学部会
ひと  看護学生さんが基礎的な生物学・化学的知識を有していることは専門基礎科目を学ぶ上でとても重要です。ここで学ばれる学生さんがスムーズに生化学や生理学等を学習できように、専門基礎科目への繋がりを意識して講義や演習を構築しています.