氏 名 酒井久美子 (Kumiko SAKAI)
職 名 助教
講座名(分野) 広域看護学講座(地域・在宅看護学)
学 位 看護学修士
担当科目 地域看護実習・在宅看護実習
研究活動  行政の保健師として活動する中では、地域組織との共同活動、例えば保健推進員や民生委員の方々との関わりから学ぶことが多かったため、希薄な人間関係になりやすいこの時勢にこそ活発な地域組織活動を考えたい。また、育児不安や児とのかかわりが分らないと訴える母が増えており、地域全体での育児支援に興味を持っている。 
学 歴 長野県看護大学看護学部看護学科 卒業
長野県看護大学大学院博士前期課程 修了
職 歴 松本市役所勤務(保健師)
主要著書・論文
柄澤邦江, 安田貴恵子, 御子柴裕子, 酒井久美子, 下村聡子, 北山秋雄, 松原智文 (2012): 長野県の訪問看護師の現任教育の現状と学習ニーズ(第2報)―スタッフに対する調査の分析. 長野県看護大学紀要, 14:25-34.
下村聡子, 安田貴恵子, 酒井久美子, 御子柴裕子, 柄澤邦江, 松原智文 (2012): 地域看護実習での体験を通して得られた学生の学び―市町村および保健所における実習に焦点をあてて. 長野県看護大学紀要, 14:35-49.
所属学会 日本地域看護学会、日本公衆衛生学会、日本ルーラルナーシング学会
ひと言 地域の中で看護の視点を持って活動している保健師の役割について「地域看護実習」を通して学生と一緒に考え深めています。