氏 名 千葉真弓 (Mayumi CHIBA)
職 名 准教授
講座名(分野) 広域看護学講座(老年看護学
学 位 看護学修士
担当科目
看護学部

老年看護概論 老年看護方法T・U 老年看護実習 卒業研究

大学院博士前期過程
老年看護学特論I 老年看護学演習 
研究活動

老人施設における終末期ケアへのあり方に関する研究(文部科学省科学研究費補助金)

高齢者の健康行動に関する研究

在宅療養移行期における患者と家族への支援開発に関する研究

高齢糖尿病患者の療養目標に関する研究
略 歴

<学歴>

千葉大学看護学部卒業
千葉大学大学院看護学研究科修士課程修了

<職歴>

千葉大学医学部付属病院 内科病棟 外来勤務
長野県看護大学 老年看護学講座 教員

主要著書・論文
<著作>
千葉真弓(2001):高齢者の結婚、大西和子、奥野茂代編著、老年看護学
千葉真弓 (2008): 糖尿病でインスリン導入をする高齢者への看護. 奥野茂代, 大西和子編, 老年看護技術 アセスメントのポイントとその根拠 第2版, 228-242, ヌーヴェル, 東京.
千葉真弓 (2008): エンパワーメントを高める看護技術. 奥野茂代, 大西和子, 老年看護技術 アセスメントのポイントとその根拠 第2版, 79-89, ヌーヴェル, 東京.
千葉真弓 (2009): 高齢者の性と結婚、寝たきり. 奥野茂代、大西和子, 老年看護学 概論と看護の実践 第4版, 97−99, 320‐325, ヌーヴェルヒロカワ, 東京.
<論文>
杉岡真弓(1996):糖尿病教育入院患者の入院目標に関する研究、平成5年度千葉大学大学院看護学研究科修士論文 
千葉真弓, 奥野茂代, 太田規子, 曽根千賀子, 楠本祐子, 神崎由紀, 浅野久美子 (2006): N県におけるグループホームで暮らす認知症高齢者への終末期支援の課題. 高齢者のケアと行動科学12(1), 30−34.
楠本祐子, 奥野茂代, 千葉真弓 (2006): グループホームのスタッフが認識している利用者の身体面の捉え方. 高齢者のケアと行動科学12(1), 25-29.
千葉真弓, 原田美香, 細田江美, 楠本祐子, 渡辺みどり (2008): 介護老人保健施設での老年看護実習における学生の学び. 長野県看護大学紀要, 10:21-31.
楠本祐子, 百瀬由美子, 渡辺みどり, 千葉真弓, 太田規子, 曽根千賀子, 小野塚元子, 奥野茂代, 李明玉 (2008): 在宅認知症高齢者の家族介護者の幸福感とその理由‐日本と韓国の現状‐. 長野県看護大学紀要, 10:57-68.
唐澤由美子, 中村惠, 原田慶子, 太田規子, 大脇百合子, 千葉真弓 (2008): 就職後1ヵ月と3ヶ月に新人看護者が感じる職務上の困難とほしい支援. 長野県看護大学紀要, 10:79-87.
千葉真弓, 安田貴恵子, 御子柴裕子 (2009): 脳卒中患者の在宅移行期における看護ニーズの検討 -4事例の検討から-. 長野県看護大学紀要, 11:39-49.
千葉真弓, 楠本祐子, 奥野茂代, 渡辺みどり (2009): グループホームにおける認知症高齢者への終末期ケアに期待される看護師の役割. 日本看護福祉学会誌, 14(2):53-58.
渡辺みどり, 千葉真弓, 細田江美 (2009): 認知症高齢者家族介護者のストレス・コーピングに関する研究動向と課題. 日本看護福祉学会誌, 14(2):41-52.
原田慶子, 唐澤由美子, 大脇百合子, 千葉真弓, 中村惠, 坂本規子 (2009): プリセプターが捉えたプリセプティの就職半年後の困難や課題とプリセプターの対応. 長野県看護大学紀要, 11:19-28.
千葉真弓,渡辺みどり,細田江美,松澤有夏,曽根千賀子(2010):介護老人福祉施設での終末期における対応方針と施設の体制 −終末期ケアの取り組みの有無による比較−.日本看護福祉学会誌,15(2),163−176.
渡辺みどり,千葉真弓,細田江美,松澤有夏,曽根千賀子(2010):介護老人福祉施設における認知症高齢者の終末期ケア上の困難とケア方法 −施設内での看取り割合による比較−.日本看護福祉学会誌,15(2),99−110.
所属学会

日本看護科学学会 日本老年看護学会  日本看護福祉学会
日本在宅ケア学会 日本老年行動科学会、日本高齢者虐待防止学会,千葉看護学会