氏 名 内田雅代 (Masayo UCHIDA)
職 名 教授
講座名(分野) 発達看護学講座(小児看護学)
学 位 看護学博士
担当科目
看護学部

小児看護概論
小児看護方法
小児看護実習

大学院博士前期課程

小児健康援助論
小児健康問題援助論
小児看護学演習IA
小児看護学演習IB
小児看護学演習IC
小児看護学実習
女性と子どもの健康問題と看護

大学院博士後期課程

慢性疾患小児と家族の看護
慢性疾患小児看護演習

研究活動
 小児慢性疾患看護に関する研究の一環として、アトピー性皮膚炎を持つ子どもと家族の会の活動を支援しながら小児糖尿病看護をライフワークと考え看護実践の機会を模索しながら、研究活動を継続している。
  造血細胞移植をうける子どもと家族への看護に関する研究では、「小児造血細胞移植看護情報リスト」を全国42病棟で運用し、医療現場での看護情報交換システムの検討を重ねると共に、移植に伴う子どもや親の経験を明らかにし、実践的な看護援助の方法を確立していきたいと考えている。
略 歴 徳島大学教育学部特別教科(看護)教員養成課程卒業
主要著書・論文
<著書>
兼松百合子,内田雅代,小関和代他(1989):こころと体のケア:こども.看護セレクト18,109-125,出版研.
佐々木望,宮本茂樹,今田進,et al.(1995):小児糖尿病-治療と生活.122-134,診断と治療社,東京.
内田雅代(1999):A.小児糖尿病の看護.山口求編,「小児看護過程&関連図」,315-338,日総研出版,名古屋.
内田雅代(2000):造血幹細胞移植をめぐる子どもと家族のケア.村田恵子編,小児看護叢書3 病と共に生きる子どもの看護.243-252,メジカルフレンド社,東京.
<論文>
内田雅代,兼松百合子,佐々木望(1992):糖尿病幼児の気質の特徴と母親の育児や療養生活のうけとめ方について.千葉大学看護学部紀要,14:69-76.
内田雅代,兼松百合子,武田淳子,et al.(1995):骨髄移植をうけた患児,家族の体験について。千葉大学看護学部紀要,17:41-54.
内田雅代,篠原玲子,佐藤奈保,,et al.(1997):骨髄移植をうける患児の日常ケアに関する看護婦の認識.千葉大学看護学部紀要,19:35-44.
内田雅代(1999):骨髄移植をうける患児をもつ母親の体験について-体験の意味を見いだす看護援助-,家族看護額研究,4(2):109-117
内田雅代(2000):わが国における造血幹細胞移植看護の課題-小児骨髄移植看護領域の研究・調査をとおして-.看護技術,46(3):87-92.
内田雅代(2001):小児とその家族を対象とする看護研究における倫理的配慮.看護研究,34(2):41-47.
その他
2002年〜 サモア

JICAの専門家派遣活動として、サモア国立大学看護学部教員との共同研究「サモアと日本の子どものライフスタイルに関する研究」に取り組んでいる。

所属学会 日本看護科学学会、日本生命倫理学会、日本小児血液学会、日本小児看護学会、千葉看護学会、日本造血細胞移植学会、日本糖尿病教育・看護学会、日本家族看護学会、日本育療学会