氏 名 森野 貴輝(Atsuki MORINO)
職 名 助教
講座名 広域看護学講座(精神看護学分野)
学 位 修士(学術)
担当科目 看護学部
精神看護概論T、精神看護概論U、精神看護方法、精神看護実習、卒業研究、災害看護論(こころのケア)
研究活動

精神科看護師の熟練形成と看護スキルの継承に興味があります。

学 歴

奈良県立医科大学医学部看護学科 卒業

放送大学 大学院文化科学研究科文化科学専攻 修了

長野県看護大学 博士後期課程 在学中

職 歴

市立函館病院勤務

 平成22年4月より長野県看護大学に助手として着任
 平成26年10月より同学の助教に昇任

主要著書・論文

・森野貴輝(2014):看護学生が実習中に患者から受けた暴力の体験 被害の実際とその影響について.日本精神保健看護学会誌,23(2),41-50.
・森野貴輝,鈴木英子(2011):精神看護学における「自我」と「自己」についての概念検討〜看護援助の方法を導き出す一助として〜.長野県看護大学紀要,13, 73-86.
・鈴木英子, 有賀美恵子, 森野貴輝, 北村育子 (2011): 高校生における対人恐怖傾向の関連要因. 日本精神保健看護学会誌, 20(1) , 21-32.

所属学会 日本精神保健看護学会
ひと言

 精神科医の中井久夫は「看護という職業は、医者よりもはるかに古く、はるかにしっかりとした基盤の上に成り立っている。 医者が直せる患者は少ない。しかし看護できない患者はいない。 息を引き取るまで、看護だけはできる。」と述べています。 それを看護師が実践し、自らで語れる人材の育成を目指しています。