分野名
母性・助産看護学
概 要
 母性・助産看護学分野は7名の教員で構成されています。研究分野は女性の生涯にかかわる健康を網羅するため、その守備範囲が広く、多岐にわたっています。講座員の独自性を重視し、さらにその才能を開花するよう努めています。
研究内容

分野の教員が取り組んでいる研究
・母親の健康チェックシートの開発と評価―育児相談への活用と縦断調査の試み―(科学研究費補助金 基盤研究C 代表)
・不妊治療の終止を巡る女性の不妊という事実の認識変容プロセスの構造化と質的検証(科学研究費補助金 基盤研究C 代表)
・卒後3年目までの助産実践能力の日豪実態調査―ITマナバフォリオによるポートフォリオを活用した評価―(科学研究費補助金 基盤研究B 代表)
・入院中の乳児に付き添う母親の母乳育児の実態と母乳分泌維持促進のセルフケア行動(科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究)
・妊婦を対象としたフットケアの研究(科学研究費補助金 若手研究B)
詳細は分野ホームページで。

URL

 母性・助産看護学分野のホームページ

 http://www.nagano-nurs.ac.jp/gaiyou/kouza-subject/bosei/

学 部
授業科目
概 要
母性看護概論
 母性機能を有した女性を理解し、健康のあり方と健康問題を考え、その援助方法について学ぶ。

母性看護方法T

 周産期(妊娠・分娩・産褥)にある女性の身体的、心理社会的な変化について理解し、より正常に経過することへの援助、良いお産体験のための援助、セルフケア能力を高めるための援助について学び、新しい家族を迎える女性とその家族に対する援助について考える。

母性看護方法U

 正常妊娠・分娩・産褥の知識を基にして、異常妊娠・異常分娩・異常産褥および胎児の異常についてその病態生理を理解し、治療法・予後に関しても学ぶ。また、女性性器の解剖および生理を理解した上で、感染症、良性疾患、悪性疾患など各婦人科疾患の病態生理を学ぶことにより、婦人科疾患患者に対するより良い看護が実践できる基礎知識を身につける。

母性看護実習
 子どもを産み育てようとする女性および家族のニーズに対応した看護の場とサービスのあり方に対する認識を深め、看護過程展開のための基礎的看護能力および対象への援助技術を習得する。具体的には、産婦人科病棟で出産後の母児を受け持ち、看護過程を展開しこの時期にある対象の理解と看護について考える。また、妊娠期、分娩期にある対象に関わることでこの時期に求められる看護や技術について学ぶ。さらに、助産所実習を通し、施設とは異なった看護の場を知り、その活動と地域における役割について学ぶ。

看護コミュニケー

ション実習U

 看護コミュニケーション実習T、基礎看護実習で学んだことをもとに、看護の対象となるひとを各ライフステージで理解する。ライフステージに合わせたコミュニケーション技術を学び、生活の様子や健康面での課題などを理解する。そして、各ライフステージにおける保健施策に関しても理解を深める。
助産概論
 世界およびわが国の母子保健の動向を知り、助産師の役割について理解を深める。また、助産師が行うケアの理念、助産実践の倫理、女性と健康と人権に関するトピックスを学ぶ。
助産方法I
 分娩の機序や経過、正常を逸脱する可能性についての理解を深め、助産診断に必要な情報収集を行いアセスメントするための能力を養う。さらに、産婦の個別性や状況に応じた看護に必要な知識・技術を修得する。正常分娩の介助法ならびに頻度の高い異常分娩について学ぶ。
助産方法II
 分娩の機序や経過、正常を逸脱する可能性についての理解を深め、助産診断に必要な情報収集を行いアセスメントするための能力を養う。さらに、産婦の個別性や状況に応じた看護に必要な知識・技術を修得する。正常分娩の介助法ならびに頻度の高い異常分娩について学ぶ。
助産方法V  助産の対象に適切な援助を実践するために必要な生殖系の形態・機能、および環境要因、妊娠・分娩・産褥・新生児期の正常・異常について理解する。
助産業務管理
 助産の概念、助産の変遷、助産業務と法的責任、助産業務管理の原則と方法を理解する。我が国や海外の助産師教育について学び助産師としてのアイデンティティーの形成について考える。また、産科医療事故の現状と事故防止対策について理解を深める。
助産実習
  妊婦、産婦、褥婦および新生児に対する助産特有の診断および援助技術を習得する。特に妊娠期、分娩期、産褥期と継続的にかかわり、子どもを産み育てる女性とその家族が必要としている個別で多様な健康上のニーズに対して、援助する。また、実践を通して、助産師の役割と責任を学ぶ。
大学院(前期)
授業科目
概 要

母性看護学

特論T

 性差による生物学的、生理学的、社会学的な問題や知見にふれ、性差を考慮した看護課題について探求する。さらに、女性の健康援助に関連する様々な概念、我が国や世界における母性看護に関する政策課題、女性の健康援助に対する具体的な援助法など視点を絞り文献の講読をする中から女性の健康援助について討議する。とくに、思春期ピアカウンセラー養成コースに参加することで養成の実際を学ぶ機会とする。

母性看護学

特論U

 周産期における助産技術に注目し、諸外国における分娩の取り扱いの歴史的変遷と助産教育、現代の母子保健事情を学ぶ。また、少子少産化や政治・経済状況の変化が妊娠・出産に及ぼす影響を踏まえたうえで、生殖をめぐる諸問題について多角的に検討する。

母性看護学

演習T

 周産期およびそれぞれのライフステージにある女性に対して、効果的な看護援助方法を提供するためのコンサルテーション能力を養い、さらに援助方法を評価するための看護研究方法について検討する。具体的には各自の演習課題の明確化をふまえて課題を解決するための計画の立案と実施、さらに結果をまとめ報告書を作成する過程を経験する。

女性と子どもの

健康問題と看護

 近年の母子を取り巻く環境の変化により、女性と子どもに起こっているさまざまな問題状況は、健康な子どもを産み育てるための支援という従来の母子看護の考え方だけでは捉えきれず、このケアニーズに対応するために、新たな枠組みが必要となってきている。このような状況を踏まえ、現代社会で起こっている女性と子どもの健康問題を取り上げ、その看護方法、研究方法について学習する。

大学院(後期)
授業科目
概 要
母性看護学特論V

 母性看護領域の研究で活用される理論・研究方法論について理解を深める。とくに、国内外で発表された論文を精読し、論文の独自性と理論的背景、研究方法について分析し、資料としてまとめ報告する。  

母性看護学演習U
 絞られた課題に関する具体的な援助技術法や対象を捉えるための尺度、看護の評価などに関する開発に取り組む。課題に関する文献に当たりながら課題周辺の知識を深め、具体的な先行研究から、開発のための研究計画書を作成する。可能であれば研究計画を実践などによりすすめ、その検証を試みる。