講座名 基礎看護学

 平成23年度の講座再編によって、基礎看護学講座、生活援助学講座、看護教育・管理学講座、国際看護学講座が統合され、新しく「基礎看護学講座」という講座になりました。初学者が初めて看護に触れる、いわば入り口であり、看護学全般の基盤となる領域です。看護における対象とその生活を理解するための理論や技術を学ぶ基礎看護学や生活援助学だけでなく、社会や組織のニーズに専門職として応える術を学ぶ看護管理学や看護教育学、国や文化を超えた人々を対象とする国際看護学など、基礎看護学講座の担当領域は多岐にわたります。そこに、様々な経験を持った教員が、それぞれの個性を活かし、教育・研究活動に日々取り組んでいます。

 

学 部

 
授業科目
基礎看護

看護学概論、看護倫理、看護研究方法、フィジカルアセスメント、

看護過程の理論と展開、基礎看護方法T・U、基礎看護実習T・U、看護論

●2017年基礎看護方法U「排泄の援助」スライドURL(Wordファイルの中にURLが記載されています。そこから各自ダウンロードしてください)

「排泄の援助」スライドURL

 

看護管理

 看護管理論、看護教育論、看護統合実習

国際看護

 国際看護学T・U、国際看護実習、多文化共生看護学

災害看護  災害看護論

 

C:\Users\NCN\Desktop\演習風景\c2.jpg

 基礎看護学講座では全教員が一丸となって協力し、学生への指導・教育を行っています。

学部では講義・演習・実習を通して看護職を目指す学生に必要な基本的知識と技術を教授し、学生が看護について考え、質を高められるように関わります。

 また、大学院(前期)では論文作成の過程において、指導教員のみでなく全教員が支援していきます。

 国際看護では、協定校であるサモア国立大学と隔年で互いに短期留学します。伝統的な文化と近代化が併存するサモアの学生との実習は、双方の学生にとって驚きと発見に満ちた貴重な学習機会です。

大学院(前期)

 
授業科目
基礎看護

 看護理論、看護倫理、看護援助特論T、基礎看護学特論、看護援助論演習

看護教育

 看護教育・援助論、看護教育特論T・U

看護管理

 看護管理学、看護管理学特論T・U、看護管理学演習、看護海外研修

国際看護

 国際看護論、看護援助特論U、 看護援助論演習