分野名 老年看護学
概 要

 高齢者の理解から始まって、対象のQOLを尊重し健やかに老いて生活していくための援助に必要な概念や理論、看護について学び研究していく分野です。
 学部教育では、高齢者を加齢現象や文化・社会的背景、価値観など様々な側面から総合的に理解するために、学部教育では高齢者疑似体験や地域で暮らすお年寄りへのインタビューといった課題を取り入れています。
 大学院では博士課程前期に老人看護専門看護師コースを開設し、老年看護のスペシャリスト育成に向けた教育活動も行っています。

研究内容  高齢者の健康維持と疾病予防、地域を拠点とした認知症高齢者とその介護者支援、認知症高齢者の終末期ケア等幅広く研究活動に取り組んでいます。
 また、介護施設の看護職の方々と共に「高齢者看護ケア研究会」の活動を通じて、高齢者への看護のあり方に関する学習会や研究に取り組んでいます。
主な研究活動
 科学研究費補助金 基盤(B)「長寿社会における地域参画型認知症トータルケアプログラムの開発と評価」渡辺みどり(研究代表者)他
 長野県看護大学教員特別研究「介護保険施設における認知症高齢者の終末期ケアの質の向上を目指した実践的看護モデルの開発」千葉真弓(研究代表者)他
学 部
授業科目
概 要
老年看護概論  高齢者を全人的に理解し、対象のQOLを尊重し健やかに老いて生活しておくことへの援助に必要な概念や理論、看護について学びます。(1)老年期の看護の概念、(2)高齢者の理解、(3)高齢者の健康問題と看護、(4)高齢者と社会的サービス・その活用、(5)高齢者のQOLと看護の役割
老年看護方法T

 高齢者の健康上の諸問題を理解し、健康レベルに応じた看護方法を学びます。(1)健康の維持・増進を支え、障害を予防する看護、(2)健康障害の回復を支える看護、(3)機能低下、障害を有する高齢者への看護

老年看護方法U

 高齢者の健康上の諸問題を理解し、健康レベルに応じた看護方法を学びます。(1)健康障害の回復を支える看護、(2)機能低下、障害を有する高齢者への看護、(3)終末期にある高齢者とその家族への看護、(4)高齢者の生活課題のアセスメント

老年看護実習  受け持ちの方との実践をとおして、高齢者の特殊性を踏まえ、健康レベルに応じた基本的な看護の方法を習得します。同時に多職種とのチームアプローチの中での看護の位置づけ、役割、専門性について理解を深めていきます。
大学院(前期)
授業科目
概 要
老年看護学特論T 高齢期の発達課題、加齢による身体的・心理的・社会的側面の変化を理解するための諸理論を習得します。さらに高齢者の健康機能と生活を評価するために必要な専門的な概念と理論の理解を深め、より質の高い高齢者看護実践のあり方を探求します。
老年看護学特論U 高齢者の健康生活をサポートしているさまざまなソーシャルサポートの現状を把握し、その活用方法の理解を深めます。今日、実践されているサポートシステムのさらなる発展課題を検討します。超高齢社会に向け、高齢者の健康寿命の延伸を図るサポートシステムのあり方や、その構築方法、発展方法の理解を深めます。
老年看護学特論V 高齢者を取り巻く家族形態の変化、高齢者介護機能の脆弱化、家族機能の多様化等の現状を理解し、高齢者の家族関係と家族機能のアセスメント能力を養います。また、健康障害を持つ高齢者のセルフケア能力の向上と家族介護力を高める働きかけについて、看護実践能力を高める理論と実際を学びます。さらに高齢者とその家族が抱える問題の解決に向けた相談・調整方法について理解を深め、より有効な高齢者と家族の支援方法を探求します。
老年看護学演習T・A 高度専門化後実践者として必要な実践能力を習得するため、高齢者の健康生活に関するアセスメント能力を養います。病院・施設において認知症をはじめ健康課題を持つ高齢者の健康の維持・増進と生活機能の向上を目指し、高齢者生活行動および家族のアセスメント方法を修得していきます。さらに、在宅で療養する高齢者と家族のケアニーズを総合的にアセスメントする能力を習得し、高齢者と家族への援助方法を検討していきます。
老年看護学演習T・B 高度専門看護実践者として必要な実践能力を習得するため、健康障害を持つ高齢者・認知症高齢者と家族の生活行動・生活環境などのケアニーズを総合的にアセスメントし、それらのニーズの充足と問題解決に必要な相談、調整、教育、研究能力を習得します。さらに相談、調整、教育、研究における倫理的課題の判断能力を修得していきます。

老年看護学演習T・C

(老人看護専門看護師コース必修)

日本の高齢者保健医療福祉政策制度や政策を、国際的動向をふまえて把握し、高齢者の健康生活支援における政策的課題を明らかにしていきます。また、介護保険制度に伴う人材育成の現状と課題を把握し、医療専門職としての看護の専門性、役割、機能の拡大について探求します。さらに高度実践専門看護師として求められる実践と多職種に対する教育・相談・調整役割・機能、ならびに多職種協働のあり方とその方法を探求します。

老年看護学実習

(老人看護専門看護師コース必修)

講義・演習で学んだ理論・知識・技術を適用・統合し、老年専門看護師としての実践能力の形成を図ります。病院・施設および在宅において健康課題を持つ高齢者(認知症を含む)に対する卓越した看護実践力を養い、看護職者や多職種への相談に応じられる能力、多職種協働のための基礎的能力、老年看護実践の場における課題を検討し探求する研究能力、老年看護実践場面で遭遇する倫理的課題の調整・解決能力を修得します。

大学院(後期)
授業科目

概 要

老年看護学特論W  高齢者個人とその家族、それを取り巻く集団の健康・生活課題の解決とQOL向上に必要な実践的看護モデルの開発・構築に必要な概念や理論、研究手法を学びます。高齢者の、その家族を支援する看護方法の探求に必要な諸事象を分析的に扱い、それに関連した理論を論述します。
老年看護学演習U  高齢者個人とその家族の健康生活課題の解決とQOL向上のための看護方法を探求します。さらに、高齢者とそのケア提供者等、集団における相互作用および看護の機能向上に資する支援方法を検討します。諸理論、国内外文献、実践的手法を活用し、実践的援助モデルの開発を目指します。