分野名 成人看護
概 要  成人看護学は、人生のうちで最も充実した時期の自立・自律した存在である成人を対象にしています。
基本的に自立・自律した存在である成人が病を体験することは辛い体験であり、支える看護にもそれにふさわしいあり方があります。
そのため、成人看護分野においては、成人の疾患と治療の理解に基づく看護実践の追求と共に、人間に対する尊重の姿勢、
看護師としての自立、コミュニケーション能力向上などを大切にしています。
研究内容  様々なレベルと領域のがん看護、慢性疾患患者の看護、周手術期患者の看護、成人に対する看護提供のシステムなど、幅広い研究を行っています。
学 部
授業科目
概 要
慢性期看護概論  成人期の特徴・成人の看護に用いられる主要理論と概念について理解する。さらに慢性の健康障害と共に生きる成人期の人とその家族の特徴、看護援助の基本的考え方について学ぶ。
急性期看護概論  急性の健康障害や手術をはじめとした治療による急性期の状況特性を理解し、患者や家族に見られる特徴的な反応について学ぶ。急性状況における患者を理解するための概念や理論・看護援助について学ぶ。
慢性期看護方法  慢性の健康障害と共に生きる成人期の人とその家族への看護援助の原則と考え方を学ぶ。事例演習・技術演習を行う。
急性期看護方法  急性期の患者と家族の健康問題に対する反応をアセスメントし、的確な臨床判断に基づく看護支援について学ぶ。事例演習・技術演習を行う。

成人看護実習

 成人期にある健康障害を抱え治療を受ける対象の疾病や治療、療養生活の特徴について全人的に理解する。
その人らしさを尊重する姿勢で、安全、安楽に配慮した看護を実践する中で、自己の看護能力を高め、看護に対する考えを深める。

 

大学院(前期)

授業科目
概 要
成人看護学特論T  成人期の人々への看護援助に活用される代表的な概念・理論について学ぶ。
成人看護学特論U
 健康問題を有する成人とその家族への看護を深めるために活用される研究方法について学ぶ。
がん患者、慢性・急性状況にある患者に関して、それぞれに特徴的な健康問題を理解し、看護援助に役立つ理論と実践方法について学ぶ。文献抄読・演習事例分析を実施する。
成人看護学演習T  研究課題を探求するために、関心のある看護専門領域について文献検討を行い、研究の現状と課題について広く探求する。
文献検討の結果から研究課題の探求の目的で臨地研修を行う。これらによる研究課題の絞り込み・関連領域学会参加などによる知見の拡大を行い、研究課題の明確化・研究計画書の作成を行う。
大学院(後期)
授業科目
概 要
成人看護学特論V  成人とその家族を対象とした看護実践・研究を探求する上で有用なモデルや概念、理論についての討議を行う。
関連領域の研究論文をクリティークし、成人看護領域の研究の動向と課題についての探求を行う。
成人看護学特論W  専門領域に関する課題を中心としたレビューと、フィールドでの情報収集に基づいて、現場で起きている現象について分析検討・記述を行う。これらの記述に加え、諸理論や先行研究を活用して看護援助の開発に取り組み、自らの課題、適切な方法論の明確化に取り組む。