分野名 精神看護学

概 要

  精神看護は、学校や職場での生活をはじめとするあらゆる日常生活で、誰もが体験している人間の精神保健に関わる看護である。その中に精神科看護といわれる精神科病棟や精神病院などの施設の内外で、これまでも現在も行われている精神疾患を持つ患者らの看護を含む。本講座では、精神看護を精神保健と対人関係の視点から学ぶ。精神科看護は、精神の健康状態を把握するため看護学、精神医学、心理学の視点から患者の問題を評価する。患者の問題を共有し患者の持っている力を引きだして、患者と共に問題解決に臨む。このために看護計画を立てケアしていく方法、それを評価し修正して実践する看護実践者の育成に努めている。
研究活動  精神科看護領域における事例検討会に関連した研究、精神障害者の共同住居入所や入所後の体験に関する研究、リエゾン精神看護に関する研究など幅広い研究課題に取り組んでいる。
その他   実習病院で対象となる患者さまは、対人関係や日常生活に障害をもった人々である。このため、実習では、プロセスレコードを通して患者-看護師関係や自己の傾向を振り返るなど、患者・看護師関係の治療的意味を学ぶことを大切にしている。
学 部
授業科目
概 要
人間発達論   発達に関する諸理論を学び、その基礎知識の上に出生時から老年期にいたるまでの身体的、精神的社会的発達を縦断的にとらえ、それぞれの時期に特有な身体的、精神的、社会的特徴を理解し、各発達段階における発達課題と危機について学ぶ。
精神看護概論T   心のしくみや健康問題、精神機能とその障害、プロセスレコードの意義とその活用法を学ぶ
精神看護概論U   精神医療の歴史を踏まえ、精神保健医療福祉システムについて学ぶ。精神科看護で活用される理論および患者や家族に対する看護について学ぶ。援助関係の中で看護師が体験する感情とその対処について学ぶ。
精神看護方法   精神疾患の理解及び治療、看護の特徴、看護過程の展開ができ精神科看護の知識・技術・精神を獲得できる。また、患者のニーズに合わせた援助方法を理解し、選択し、提案できる基礎的能力を学ぶ。
精神看護実習   精神保健上の問題により,日常生活や対人関係に困難を抱えている人々に関わり,これまでに学んだ知識・技術および自己の統合を図り,精神看護の実践能力を養う。
大学院(前期)
授業科目
概 要
精神看護学特論I   精神医療の歴史的背景及び精神保健医療福祉制度と看護師に求められる役割について探究する。
精神看護学特論II   心理社会的問題を明らかにする心理アセスメントや精神力動的理解、看護ケアに必要なカウンセリング技法、リエゾン精神看護の方法について学習する。
精神看護学演習   精神保健・看護にかかわるテーマについて文献検討を行い、洞察をふかね、研究課題を明白にする。文献検討は、それぞれのテーマに関する研究論文(日本語・英語)を対象とする。
大学院(後期)
授業科目
概 要
精神看護学特論III   臨床の看護場面で看護師が直面する、患者・家族の心理社会的問題のアセスメント及び介入に必要な知識・技術・精神について学習する。
精神看護学演習II   精神保健分野における、心理社会的問題に対する看護援助の実践力と研究を行う能力を開発することを目的とする。それぞれの学生の関心テーマに焦点を当て、文献検討、フィールドワーク、患者及び看護問題に関する因果関係の検証や看護実践による介入研究など実証研究の基礎的能力を獲得することをめざす。