分野名 小児看護学
概 要  子どもや家族の看護について、教育・研究活動に、メンバー5人全員で取り組んでいる。教育活動では、個々の学生の体験や学びを大切に、教員として関わりながら、ともに学んでいきたいと願っている。研究活動では、小児看護学領域において社会から求められている課題の中で、これまでの活動を基盤に新たな視点を加え研究を発展させていくこと、また、各教員の関心の広がりとともに新たな課題に挑戦していくことなどを通して,看護実践への活用や教育への還元を目指していきたい。
講座の研究・活動
1.小児がんの子どもと家族の看護に関する研究
 

小児がんの子どもと家族のニーズにそったケアを実践するための看護師支援として、「小児がん看護ケアガイドライン」を作成し、活用の普及を行っている。

 さらに、多職種協働チームにおける看護師支援プログラムの開発に向け

活動している。(科学研究費補助金 基盤研究(B))
2.長野県内の慢性疾患をもつ子どもとその家族に関する研究
1)

アトピー性皮膚炎の子どもをもつ親の会(たんぽぽの会HP)、小児糖尿病患者・家族会の活動を支援しながら、子どもや親のニーズに関する調査を行い、当事者と専門職者との協働に向けて活動している。

2)

慢性疾患や医療的ケアを必要とするこどもの家族にかかわる外来看護や保健師を対象に調査を実施し、家族と看護職者とのパートナーシップ形成,看護職者と他職種との協働に関するモデルの開発を目指している。(長野県看護大学特別研究)? その一環として、看護職者の教育支援ニーズに関する研究に取り組んでいる。(科学研究費助成事業 若手研究(B))

3.子どもへのグリーフケアに関する研究
 

きょうだいを亡くした子どもへのグリーフケアを考えるために、調査研究をす

すめている。(科学研究費補助金 基盤研究(C))
4.南信地域における電話相談による子どもの虐待防止活動
  南信子どもの虐待防止ホットライン(電話相談)への協力を行っている。
その他 日本小児がん看護学会 事務局として学会活動を支える役割を担っている。
学 部
授業科目
概 要

小児看護概論

T・U
 小児の成長発達、日常生活、小児及び家族と環境との相互作用を理解し、発達段階に応じた適切な援助方法を学ぶ。そして疾病や入院が小児及びその家族に及ぼす影響を理解し、病児の看護の基本となる概念を学ぶ。

小児看護方法

T・U
 疾患や障がいを持ちながら生活する小児とその家族に対し、どのような援助が必要であるかを学習する。小児に多い疾患や特有の疾患と看護の特徴を理解し、適切な援助方法と、小児に必要な看護技術について学ぶ。

看護コミュニ

ケーション実習U

保育園・幼稚園実習

乳幼児の成長発達を理解し、日常生活への援助方法およびコミュニケーション方法について学ぶ。
小児看護実習

小児が入院している病棟で患児を受け持ち実習を行う。
(1)受持ち患児とその家族のアセスメントをし、看護計画に基づき看護ケアを実施する。
(2) 受持ち患児の疾患、看護について深く学習し、看護過程を展開していく中で効果的な援助方法について考える。

(3) 小児が入院する環境について考える。
大学院(前期)
授業科目
概 要
女性と子供の
健康問題と看護
 現代社会において,女性と子どもに起こっているさまざまな問題状況を理解し,ケアニーズに対応するための新たな枠組みや看護方法,研究方法について学習する。内田(小児看護学)、清水(母性看護学)、北山(健康保健学)によるオムニバス方式の授業である。
小児看護学特論T
 乳児期、幼児期、学童期、思春期における小児の成長発達および健康評価の方法を成長発達理論、ヘルスプロモーションの考え方を活用し、論述する。また、成長発達に影響を及ぼす環境との相互作用、特に小児と家族の相互作用の理解に役立つ理論を学ぶ。
小児看護学特論U  疾病および健康問題を有する小児とその家族の看護方法・研究方法について論述する。慢性疾患患児、小児がん患児、終末期にある小児、ハイリスク新生児などに関して、それぞれに特徴的な健康問題を理解し、看護援助に役立つ理論と実践方法について学ぶ。
小児看護学演習I・A  小児の身体発育状態、発達状態、健康状態、および生活習慣などのヘルスアセスメントについて学ぶ。フィジカルアセスメントの技法とアセスメントツールについて講義で理解し、事例による実践を通して修得する。
小児看護学演習I・B  小児をとりまく社会・保健・福祉・教育の状況を、アセスメントとし、必要とされる環境づくりに関して、専門看護師として、どのような援助ができるかを検討する。
小児看護学演習I・C  小児と家族・他職種との協働専門看護師として、小児と家族ヘのアプローチのし方、他職種との協働に対する考え方を理解し、事例を通して、実践的に学ぶ。
小児看護学実習  小児専門看護師として、小児と家族の健康問題の解決及び、健康生活を維持、促進するための看護実践能力を修得することを目的に、小児専門病院において、直接的ケア、他職種との協働、調整などを行い、その経過を分析し評価する。
大学院(後期)
授業科目
概 要
小児看護学特論V
 現代の社会の中で生活する子どもと家族の健康と看護に関するさまざまな概念、理論、実践モデルを理解するとともに、学生個々の看護観を詳細に検討することを通して、子どもや家族の生活や健康問題について接近し関与する看護援助方法、研究方法について論述する。
小児看護学
演習U
 さまざまな健康問題をもつ子どもと家族について、1)子どもと家族の発達的視点,2)子どもや家族の経験と対処、3)日常的な側面などについて,当事者のとらえ方を基に検討し、これまでに修得した理論や看護技術を活用し,看護援助を実施する。それらの援助を考察することを通して、実践的な援助方法、研究方法を学ぶ。