受験生の方へ在学生の方へ保護者の方へ卒業生の方へ地域の方へ社会人の方へ

学長からのメッセージ|大学概要

トップページ >> 大学概要 >> 学長からのあいさつ

「マグネット・カレッジ(Magnet College)を目指して

 

    

           学 長  北山 秋雄

 本学は1995年に「学生個々人のもつ可能性が最大限に開花することを目指し、自立性、主体性を育み、人々への配慮が自然にできる豊かな人間性と幅広い視野を養うこと」を教育理念に掲げて開学し、今年24年目を迎えています。私は1996年に本学に着任して以来、創成期から現在に至るまで本学とともに歩んできました。

 昨今、本学を取り巻く環境が大きく変化しています。そのひとつは言うまでもなく看護系大学の増加であり、少子化社会の到来も相俟って大学のオリジナリティの創成、差別化・ブランド化が不可欠となっています。本学の開学以来の教育目標のひとつは、国内外の教育研究機関との共同研究や看護実践活動をとおしてグローバルな視野を持った人材を育成し看護学全体の発展に寄与することです。

 全国同様長野県においても、人口減少、少子高齢化、過疎化、社会資源の偏在などが進展し、特に里山(へき地等)で暮らす人々の生活環境が厳しさを増すなか、地域社会のニーズに応えるために、グローバルで多様な視野を持ちChallenge精神に溢れこころざしの高い人材(Choice Spirits)の育成に取り組みたいと思います。また、これまで以上に地域に開かれた大学に変革していくこと、社会のニーズを見据えた看護職のキャリア志向に応えていくこと、長野県の保健医療のシンクタンクとしての機能を強化することも課題のひとつと考えています。

 本学の創成期から発展のあゆみをともにして培った知見をもとに、オリジナリティとブランド力を高め、国内外から人々を引き寄せる個性豊かで魅力あふれる大学づくりに努める所存です。