受験生の方へ在学生の方へ保護者の方へ卒業生の方へ地域の方へ社会人の方へ

お知らせ|大学概要

トップページ >> サモア津波災害 緊急援助募金のお願い

サモア津波災害 緊急援助募金のお願い

 

2009年10月9日
長野県看護大学長

 

去る9月29日の早朝(日本時間30日未明)、サモア独立国南方沖で発生したマグニチュード8.3の地震による津波が約25分後にサモアを襲いました。このため、サモア南部の海岸地域は壊滅的な被害をこうむり、多くの人命が奪われました。人口当たりの被害の大きさは、日本人にとっての阪神大震災の数十倍に相当する甚大な被害です。この津波で被災された方への支援のために、「サモア独立国津波災害緊急援助募金」を実施します。

本学とサモア国立大学とは、アン・デービス名誉教授や見藤前学長のご尽力により、2001年に交流協定を結び、国際看護実習を通じた学生の交流、国際協力機構(JICA)の援助による教員の共同研究などを展開してきました。このような交流の関係者にも親族を多数亡くした方がおられますが、悲しみに耐えつつ被災地の救援や復興のための支援活動を続けておられます。

サモア独立国およびサモア国立大学と深い関わりをもつ本学として、今回の津波災害に関する支援の方法を検討した結果、緊急援助募金を学内外の皆様に働きかけ、ご協力をお願いしたいと考えました。

集まったお金は、本学教員が10月下旬に現地を訪問し、現地の支援活動の責任者の一人であるサモア国立大学学長にお届けする予定です。

何卒、趣旨をご理解いただき、ご協力くださいますようお願い申し上げます。

 

募金名称 サモア独立国津波災害緊急援助募金
募金期間

2009年10月16日(金)まで

実施方法

一口500円として何口でもお受けします

1) 現金:長野県看護大学事務局に設置した募金箱に、備え付けの封筒にお名前と口数を明記して、お入れ下さい

2)郵便振替:下記口座に送金し、samoa@nagano-nurs.ac.jp宛のメールで、送金日、金額、お名前(寄付者名簿用にローマ字で)をお知らせください。(手数料は、電信振替は3万円まで525円ですが、ゆうちょ口座をお持ちの場合、ATMによる口座間送金は無料です。)

記号:11150 番号:4052531

加入者名:看護大学みらい基金

 
発起人代表 深山智代
発 起 人 内田雅代 多賀谷昭 御子柴裕子 宮越幸代 鈴木英子 池部謙輔 庄崎龍太郎(学生自治会長)

 

長野県看護大学事務局総務課:0265-81-5100