平成17年度長野県看護大学特別講演会のご案内

平成17年度長野県看護大学特別講演会(成人看護学講座・異文化看護国際研究部門・渉外委員会共催)を下記の要領で開催いたします。みなさまのご来場を心よりお待ち申し上げております。

在宅において高度医療技術や機器を必要とする患者・家族のケア

 高度医療技術や高度医療機器を必要とする患者へのケアは近年、病院から在宅へと移行しています。例えば、透析、人工呼吸器、睡眠時無呼吸障害、心電図や呼吸のモニター、高カロリー輸液療法、点滴療法(抗生剤、化学療法、輸血、他)など、その療法は様々です。今回、在宅における高度医療の先進国である米国において、この分野で20年間研究を行っているカンザス大学看護学部のキャロルE.スミス教授をお招きし、その研究内容と研究成果についてご講演いただきます。

 スミス教授は、米国のNIH(国立衛生研究所)から18年間にわたり継続して研究助成金を獲得している、米国でも有数の看護研究者です。自ら構築したケアギビング効果モデルに基づき、在宅における高度医療ケアが「ケアを提供する側」と「ケアを受ける側」の生活の質や、さらに患者・家族の経済面、感染管理などの症状マネジメントにおいてどのような影響を及ぼし、また看護師がどのように関わっていくべきなのかを探求されています。また、テレビ電話やインターネットを使った遠隔看護においても先駆的に研究をされています。

 今回の特別講演会では、これまでスミス教授が関わってこられた人々との豊富なエピソードを交えてお話して頂きます。看護師の方々だけではなく、多くの医療職者、そして一般の方々も、是非ご参加下さい。

 
講 師
Carol E. Smith博士(米国・カンザス大学看護学部教授)
日 時
平成17年5月30日(月) 18:00〜19:30(17:30より受付開始)
会 場
長野県看護大学 大講義室〔教育研究棟3階西端〕
定 員
200名(先着順)
参加費
無 料
申込方法
配布資料印刷の都合上、参加を希望される方は、氏名、住所(都道府県および市区町村のみ)、電話番号、職業を記入の上、下記「参加登録フォーム」もしくは、はがき、電話、ファクス、電子メールにてお申し込みください。
申込・問い合わせ先
〒 399-4117 長野県駒ヶ根市赤穂1694番地
長野県看護大学 事務局総務課(今井)
TEL: 0265-81-5100
FAX: 0265-81-1256
E-mail: imai-motoharu@nagano-nurs.ac.jp
申込締切
平成17年5月27日(金)
その他
講演、質疑応答には通訳がつきます。

 

平成17年度長野県看護大学特別講演会参加登録フォーム(*=必須項目)
氏名(漢字)* 例:長野看子
ふりがな* 例:ながのかんこ
ご住所* 都道府県* いずれかを選択下さい
市区町村* お住まいの市区町村(例:駒ヶ根市)をご記入下さい
電話番号* 急な予定変更の場合に使用します。ご連絡のつく電話番号をご記入下さい。

ご職業*

例:看護師
確認メール希望 希望する → メールアドレス

確認メールをご希望の場合はメールアドレスもご記入下さい

連絡欄 何かあればどうぞ


  


長野県看護大学TOP

最終更新日: 2005年05月10日 10:27