受験生の方へ在学生の方へ保護者の方へ卒業生の方へ地域の方へ社会人の方へ

トップページ >> 大学概要 >>生活支援

 学生支援体制

@学年顧問

    各学年に2人の学年顧問を置き、学生の生活・履修・進路・学習面の相談を受けています。学年顧問は、卒業まで同じ教員が担当することで、きめ細かい支援を行っています。

A学生支援員・就職支援員

  学生支援員2名を配置し、日常生活全般に係る支援を行っています。、また就職支援員は、進路・国家試験に係る支援を行っています。

B保健室保健師

  健康管理(精神・身体)全般を扱っています。

C臨床心理士(教員兼務)

  臨床心理士として学生からの相談に応じています。

D健康センター

 ・ 学生のこころの健康相談に応じています。

 ・ 窓口は保健室保健師とし、必要に応じて精神看護CNSや健康センター相談員(外部)の助言を  得て対応しています。

Eハラスメント相談員

  ハラスメント相談員5人がハラスメントに関する相談等に応じています。

 

 生活に関するガイダンス、セミナー等

@ 新学期の学生生活ガイダンスの実施

 新学期開始直前に、各学年に対して学生生活ガイダンスを実施しています。

A防犯講習会の開催等

  新学期開始直後に、すずらん寮に入居する1年生とアパート暮らしを始める2年を対象に、駒ケ根 警察署の警察官を講師に防犯講習会を実施し、一人暮らしの注意点や護身術などを学びます。また、秋にはストーカー被害や個人情報の取り扱い、戸締りの徹底等防犯に関する注意喚起を地元の防犯女性部とともに行っています。

Bワーキングセミナー

  アルバイトに関するトラブルを未然に防止するため、県労政事務所によるワーキングセミナーを開 催しています。

 

 奨学金

 本学で主に取扱を行っている奨学金は、独立行政法人日本学生支援機構奨学金と長野県看護職員修学資金貸付金の二種類です。

 貸与希望者に対する説明会を毎年4月に実施します。

 貸与額(28年度)   

奨学金の種類
貸与月額
自宅通学
自宅外通学
日本学生支援機構
第一種
(無利子)

 

3万円、4.5万円

から選択

3万円、5.1万円

から選択

第二種
(有利子)

3万円、5万円、8万円、10万円、12万円

から選択

長野県看護職員修学資金
3.2万円

    (長野県看護職員修学資金には返還免除規程あり)

 

 国の教育ローン

    日本政策金融公庫による「国の教育ローン」については下記のページをご覧ください

  ・ 国の教育ローン ← クリックすると、別のサイトのページが開きます。

 

ページの先頭へ