受験生の方へ在学生の方へ保護者の方へ卒業生の方へ地域の方へ社会人の方へ

学長からのごあいさつ|大学概要

トップページ >> 看護学部 >>学部長からのあいさつ

 

 

  あなたは大学に何を求めますか。最先端の学問ですか。より高度な知識でしょうか。あるいは、社会において活躍するためのキャリアや資格でしょうか。おそらくは、いずれも昨今の大学に求められている事柄ではあるでしょう。そうしたことに加えて、我々は、学生が未来に向い、自身で道を切り開くための基礎となる力を育む教育を提供しています。本学のカリキュラムや教育組織をご覧ください。他の看護系大学に比べ、より多くの教員が配置されているのがわかるでしょう。教育の内容も、看護にかかる専門教育に加え、将来にわたり看護職者にとって必要とされる、深い人間性を養うための一般教養の科目についても充実させています。こうした全人的な教育や、高度医療の基礎となる知識の教授、そしてそれらを土台とする、他にはない手厚い教員構成による高度で実践的な看護教育が、大学生活の4年間で成されていきます。

 また、本学が所在する此の地は、決して華やかなところではありません。ですが、穏やかで思慮深い人となりを育む土壌が、ここにはあります。それも看護において求められることのひとつでしょう。

 物事を成していくには、そのための基礎となる力が必要です。高度な技や高い能力を身につけるとしても、その土台がしっかりとしていなくては、確かなものとはならいのです。ものの道理を理解していないと、うまく活用することができないのです。新しいことに挑戦する。自分の活躍する場を広げていく。それには、成すための知識や十分な理解が備わっていなければなりません。それがあれば、自由に空を飛べます。本学を巣立ったのちに、自らの目標を見据え、向かい風の中にあっても決して流されることなく、自身の力で自在に飛び続ける、そうした人を育むための教育を目指しています。

 この学び舎においてあなたと、もしくはあなたの大切なお子さんと、共に過ごすのを楽しみにしています。            

                                             学部長 坂田 憲昭