受験生の方へ在学生の方へ保護者の方へ卒業生の方へ地域の方へ社会人の方へ

大学院|大学概要

トップページ >> 大学概要 >> 大学院

大学院研究科長からのメッセージ

   本学大学院は、学生個々人の持つ可能性が最大限に開花することを目指し、さまざまな生を営む人間を深く理解し、豊かな人間性と幅広い視野を養うことを教育理念としています。今日、看護の社会的機能拡大のニーズは極めて大きく、看護職者には、看護実践、看護教育、看護学への貢献が求められています。
一方、看護現場は多忙で複雑です。看護現場における疑問や仮説が理論的根拠とともに説明された時、看護は、実践から理論へと発展していきます。この作業の積み重ねによって看護学は一層豊かなものになっていくと思います。大学院は、教員と学生が一体となって、看護に関わる一つ一つの問いに、向き合い、探求する場です。学生と教員とが力を合わせ、学びの多い大学院にしていきましょう。

研究科長 渡辺みどり

 

<大学院の目的>

長野県看護大学大学院は、看護学に関する理論と実践を専門的かつ学際的に探究するとともに、看護の質の向上に貢献し得る創造性豊かな教育・研究能力と看護実践能力を持ち、専門職にふさわしい倫理観を備えた人材を育成することを目的とする。

 

<博士前期課程の目標>

1.専門分野に関連する理論と技術を学び、質の高い看護実践能力を養う。
2.研究のプロセスを修得し、研究に必要な基礎的能力を養う。
3.国内外の学術的な場において研究成果を公表する能力を養う。
4.専門性を基盤にして他職種と協働し、調整する能力を養う。

 

<博士前期課程のカリキュラム・ポリシー

博士前期課程では、看護学に関する理論と実践を専門的かつ学際的に探求することを目指し、修士論文コースと専門看護師コースを設け、以下のようにカリキュラムを編成している。

1. 広い視野と創造性を養うための科目から編成される「共通選択科目」(8単位)、修士論文コース・専門看護師コースどちらのコースにおいても看護学の基礎的能力と倫理観を養うための「必修科目」(修士論文コース12単位、専門看護師コース8単位)を置いている。

2. 専門性を深め研究遂行能力を養う、または専門職の実践力を育てるための4領域11分野において、特論(4単位以上)、演習(6単位)を置いている。

3. 修士論文の作成にあたっては「修士論文の指導・審査の流れ」に基づき、倫理委員会の承認を得た後、論文作成に着手する手続きを課している。

4. 修士論文コースにおいては、学際的な視野から教育を行うために主指導教員に加え副指導教員を配置し、「看護学課題研究」(6単位)を課している。

5. 専門看護師コースにおいては、卓越した専門的能力を育成し、保健医療福祉分野でのケアと理論的課題について調整する能力を養うため、「専門科目」の特論、演習、実習を置いている。これに加え、実践者としての分析・考察力を養うため「看護実践課題研究」(2単位)を課している。

6. 修士論文審査の透明性と客観性を確保するため「学位規程に関する内規」を設け、これに基づいた指導と審査を行うことで論文の質保証に努めている。

 

<博士前期課程のアドミッション・ポリシー>

1. 臨床現場の課題を探求し、専門的で質の高い看護実践者となることを目指す人

2. 基礎的研究能力を培い、看護学の探究を目指す人

3. 看護の専門性を基に他職種と協働し、地域の人々の健康への貢献を目指す人

 

<博士後期課程のディプロマ・ポリシー>

課程修了の要件を満たし、次に該当する者に修士(看護学)の学位を授与する。
広い視野を持ち看護学に関する専門分野の学識を深め、科学的な思考力を身に付け、保健医療福祉の現場において、研究成果を活用できる高度な専門知識と実践能力を有する者。
修士論文コースにおいては、看護の質向上に貢献できる研究能力を備えた者。
専門看護師コースにおいては、高度な専門知識と実践能力に基づき、多様な健康課題を解決でき、看護の質向上に貢献できる者。

 

 

<博士後期課程の目標>

1.看護学の発展に寄与する研究を独立して行う能力を養う。
2.国内外で学術的な交流をする能力を養う。
3.学際的な視野に立ち、研究活動および保健医療福祉活動に貢献する能力を養う。
4.専門性を基盤に、優れた人材を育成する教育能力を養う。

 

<博士後期課程のカリキュラム・ポリシー>
博士後期課程では、看護学の発展に貢献する教育者・研究者を養成するために、以下のようにカリキュラムを編成している。
1. 学際的視野を広げるため、「共通選択科目」(4単位以上)を置いている。
2. 領域別専門科目9分野において、専門的な研究能力と倫理観を養うため、特論(2単位)、演 
習(4単位)を置いている。
3. 博士論文の作成にあたっては、「博士論文の指導・審査の流れ」に基づき、倫理委員会の承認
を得た後、博士論文作成に着手する手続きを課している。
4. 博士論文審査の透明性と客観性を確保するために「学位規程に関する内規」を設け、これに
基づいた指導と審査を行うことで論文の質保証に努めている。

 

<博士後期課程のアドミッション・ポリシー>

1. 基礎的な研究能力を有し、人々の健康の保持・増進および生活の質の向上に関連した研究に自立して取り組む人

2. 専門分野で修得した高度な看護実践能力を国際的・学際的な視点から養い、理論的・実践的に発展させる人

3. 高度な研究能力や看護実践能力を看護実践の質の向上や人材の育成に役立てられる人

 

<博士後期課程のディプロマ・ポリシー>

学際的な視野を持ち、看護学の発展に寄与する研究を独立して行う能力ならびに優れた人材を育成する教育能力を有し、課程修了の要件を見たした者に博士(看護学)の学位を授与する。