受験生の方へ在学生の方へ保護者の方へ卒業生の方へ地域の方へ社会人の方へ

大学院|大学概要

トップページ >> 大学概要 >> 大学院

大学院研究科長からのメッセージ

   本学大学院は、学生個々人の持つ可能性が最大限に開花することを目指し、さまざまな生を営む人間を深く理解し、豊かな人間性と幅広い視野を養うことを教育理念としています。今日、看護の社会的機能拡大のニーズは極めて大きく、看護職者には、看護実践、看護教育、看護学への貢献が求められています。
一方、看護現場は多忙で複雑です。看護現場における疑問や仮説が理論的根拠とともに説明された時、看護は、実践から理論へと発展していきます。この作業の積み重ねによって看護学は一層豊かなものになっていくと思います。大学院は、教員と学生が一体となって、看護に関わる一つ一つの問いに、向き合い、探求する場です。学生と教員とが力を合わせ、学びの多い大学院にしていきましょう。

研究科長 渡辺みどり

 

<大学院の目的>

長野県看護大学大学院は、看護学に関する理論と実践を専門的かつ学際的に探究するとともに、看護の質の向上に貢献し得る創造性豊かな教育・研究能力と看護実践能力を持ち、専門職にふさわしい倫理観を備えた人材を育成することを目的とする。

 

<博士前期課程の目標>

1.専門分野に関連する理論と技術を学び、質の高い看護実践能力を養う。
2.研究のプロセスを修得し、研究に必要な基礎的能力を養う。
3.国内外の学術的な場において研究成果を公表する能力を養う。
4.専門性を基盤にして他職種と協働し、調整する能力を養う。

 

<博士後期課程目標>

1.看護学の発展に寄与する研究を独立して行う能力を養う。
2.国内外で学術的な交流をする能力を養う。
3.学際的な視野に立ち、研究活動および保健医療福祉活動に貢献する能力を養う。
4.専門性を基盤に、優れた人材を育成する教育能力を養う。