グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



看護実践国際研究センター


(Nagano College of Nursing International Research Center in Nursing Practice)

本学は、平成7年(1995年)に開学し、地域への貢献を主眼にして、教育、研究を進めてきた。

「看護実践国際研究センター」は、本学における研究の拠点であり、国際的視野の涵養を背景に置き、講座や分野などの専門的な枠を超えた研究実践活動部門として平成14年に設置された。
平成28年には組織が再編され、「看護地域貢献活動研究部門」、「国際看護・災害看護活動研究部門」、「学外機関連携部門」、「認定看護師教育部門」、「キャリア形成支援部門」、の5部門で活動を行ってきた。

また、令和元年度からは、「看護教員・看護管理者教育部門」を新たに設置し、看護教員養成講習会や看護管理者育成への取り組みを開始している。
一方、認定看護師教育部門は、認定看護師教育機関の認定期間が満了する令和元年度をもって終了した。
令和3年度は、新たに皮膚・排泄ケア、感染管理、認知症看護の認定看護師教育課程の修了生に対する支援を行う認定看護師継続教育支援部門を設置し、6部門で活動を行った。
実績報告書

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

  1. ホーム
  2.  >  看護実践国際研究センター