受験生の方へ在学生の方へ保護者の方へ卒業生の方へ地域の方へ社会人の方へ

学長からのごあいさつ|大学概要

トップページ >> 看護学部 >> 教育理念・目標

教育理念

学生個々人のもつ可能性が最大限に開花することを目指し、自立性、主体性を育むとともに、さまざまな生を営む人間を深く理解し、人々への配慮が自然にできる豊かな人間性と幅広い視野を養う。
これらを基盤として、看護実践に関する総合的な能力を養成し、看護の社会的機能を担い人々の健康福祉の向上に貢献する人材を育成する。さらに、看護の発展に寄与する実践者、教育者および研究者を育成する。

 

教育目標

1.豊かな人間性と幅広い視野を養う

  • (1) 学びの体験を通して命の尊さに触れ、人間の理解を深める。
  • (2) 豊かな感受性を養い、想像力と洞察力を身につける。
  • (3) 人との出会い、学問との出会いを通して視野を広げ、自己を見つめ直す力を身につける。
  • (4) さまざまな文化や社会の中で生活する人々を理解し、多様な価値観を尊重できる。

2.看護専門職者として社会に貢献できる能力を養う

  • (1) 生命の尊厳を理解し、人間としての権利を尊重して主体的に行動できる。
  • (2) 看護の対象となる人を身体的、精神的、社会文化的側面から全人的に理解できる。
  • (3) 対象となる人の主体性を尊重し、協力して援助関係を築くことができる。
  • (4) あらゆる健康段階にある人々に対して、よりよい社会生活を支援する看護実践を展開できる。
  • (5) 科学的な根拠に基づいて適切な判断を下し、問題を解決することができる。
  • (6) 自らの看護実践をふりかえり、新たな課題に取り組むことができる。
  • (7) 専門職者としての責任を自覚して行動し、リーダーシップを発揮できる。
  • (8) 保健・医療・福祉等に携わる人々と協働し、看護をより有効に機能させることができる。

3.看護実践における課題の究明に取り組む能力を養う

  • (1) 看護実践における課題を見出すことができる多角的な視点を身につける。
  • (2) 課題解決にむけた創造的で論理的な思考能力を身につける。

 

T 教育課程の編成、実施方針(カリキュラムポリシー)

 学生個々の可能性を最大限開花させるという教育理念のもと、深く人間を理解し豊かな人間性を持った看護専門職の育成のために、4年間のカリキュラムを以下のように構成しています。
【 人間理解の基礎科目 】
 看護を学ぶ上で必要不可欠である、人を深く知るための能力、幅広い視野と創造性を養うこ とを目的としています。
生物学的な存在としての「ヒト」のみならず、自然・文化・社会の中でさまざまな環境と深 く関わりながら生活を営む「人」を総体として理解する能力を育むために、以下の2つの科目 群で構成されます。

1.生命を維持する仕組みと機能
2.人と人を取り巻く環境

【 看護専門科目 】
 看護専門職者としての基盤となる力を育み、看護に関わる諸問題をとらえて論理的に説明 し、問題解決に向けた実践・研究能力を養うことを目的としています。以下の4つの科目群で 構成されます。
1.人と健康
2.看護の基本
3.看護の実践
4.看護の実践と統合
 このようなカリキュラムをとおして、看護職者としての基礎的な能力を養うとともに、主体性と自律性をもった専門職として生涯にわたり学び続ける力を育みます。
また、長野県民の健康長寿を支える県内の豊かな健康資源について学生が理解し、多様な場で様々な健康レベルに合わせた看護実践能力を身に付けることができるよう、地域交流を積極的に取り入れています。
さらに、国際的な視野を持って地域社会に貢献できる看護実践者の育成を目指し、海外の大学との教育協定等により国際的に看護を学ぶ場を提供しています。

 

U 学位授与に関する方針(ディプロマポリシー)

 卒業までに所定の単位を修得し、看護の基盤となる豊かな人間性と幅広い視野を備え、深い人間理解にもとづいた看護を創造的に実践する能力を有すると認められる者に、学士(看護学)の学位を授与します。
○ 看護の対象となる人と援助関係を築くことができる
○ 科学的なアセスメントに基づいて看護を実践することができる
○ ケアに関わる人々と協働することができる
○ 看護職者としての専門性を生涯にわたって高めていくことができる
卒業時に取得できる資格
 卒業に必要な単位を修得することで、看護師、保健師の国家試験受験資格が得られます。所定の科目を履修することにより、助産師の国家試験受験資格が与えられます。
また、教育職員免許法施行規則第66条の6に定める科目の単位(日本国憲法、体育、外国語コミュニケーション及び情報機器の操作 各2単位)を修得した者は、保健師の免許取得後、各都道府県教育委員会への申請により、養護教諭二種免許を取得できます。

 

  Vアドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

 

【求める学生像】

 本学は、看護師、保健師、助産師として長野県をはじめ日本各地の医療・保健機関や自治体において、多様な文化を理解し地域社会の人々の健康と幸せを守ることに貢献できる看護実践者の育成を目指しています。

 このような多様な可能性をもつ看護実践者の育成を目指す本学では、以下のような人を求めています。

 

@自然や人間の様々な現象に興味を持ち、積極的に学ぼうとする人

 A相手の話に耳をよく傾け、自分の考えを適切に表現しようとする人

 B人間の尊厳を重んじ、相手の個性を尊重して協調しようとする人

 C問題に自ら進んで向き合い、柔軟な考え方で解決しようとする人

 D看護専門職として社会に貢献しようとする人

 

【選抜方法】

 本学の教育理念、求める学生像に見合った人を選抜するため、一般選抜入試(前期日程、後期日程)と特別選抜入試(推薦、社会人)を実施しています。

一般選抜入試では、入学者の選抜は、看護学を学ぶ上で必要な基礎学力を有する人を求めるため大学入試センター試験を課し、本学が実施する小論文及び面接並びに調査書の審査の結果を総合して行います。特別選抜入試(推薦)では、本学が実施する小論文(英語の課題文の読解を含む。) 及び面接並びに調査書等の審査の結果を総合して行います。