受験生の方へ在学生の方へ保護者の方へ卒業生の方へ地域の方へ社会人の方へ

アドミッションポリシー|入試総合情報

トップページ >> 入試総合情報 >> アドミッションポリシー

 

 

アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

 本学は、以下のとおり教育理念を掲げています。
学生個々人のもつ可能性が最大限に開花することを目指し、自立性、主体性を育むとともに、さまざまな生を営む人間を深く理解し、人々への配慮が自然にできる豊かな人間性と幅広い視野を養う。これらを基盤として、看護実践に関する総合的な能力を養成し、看護の社会的機能を担い人々の健康福祉の向上に貢献する人材を育成する。さらに、看護の発展に寄与する実践者、教育者および研究者を育成する。

【求める学生像】
 本学は、看護師、保健師、助産師として長野県をはじめ日本各地の医療・保健機関や自治体において、多様な文化を理解し地域社会の人々の健康と幸せを守ることに貢献できる看護実践者の育成を目指しています。
 このような多様な可能性をもつ看護実践者の育成を目指す本学では、以下のような人を求めています。

@自然や人間の様々な現象に興味を持ち、積極的に学ぼうとする人
A相手の話に耳をよく傾け、自分の考えを適切に表現しようとする人
B人間の尊厳を重んじ、相手の個性を尊重して協調しようとする人
C問題に自ら進んで向き合い、柔軟な考え方で解決しようとする人
D看護専門職として社会に貢献しようとする人

【選抜方法】
 本学の教育理念、求める学生像に見合った人を選抜するため、一般選抜入試(前期日程、後期日程)と特別選抜入試(推薦、社会人)を実施しています。
 一般選抜入試では、入学者の選抜は、看護学を学ぶ上で必要な基礎学力を有する人を求めるため大学入試センター試験を課し、本学が実施する小論文及び面接並びに調査書の審査の結果を総合して行います。特別選抜入試(推薦)では、本学が実施する小論文(英語の課題文の読解を含む。) 及び面接並びに調査書等の審査の結果を総合して行います。