受験生の方へ在学生の方へ保護者の方へ卒業生の方へ地域の方へ社会人の方へ

大学院|大学概要

トップページ >> 受験生の方へ >> 大学院

 

研究科長挨拶

 

  長野県看護大学大学院は、看護学に関する理論と実践を専門的かつ学際的に探究することを目的としています。この目的に向かう教育課程を通して、看護の質の向上に貢献し得る創造性豊かな教育・研究能力を持ち、専門職にふさわしい倫理観を備えた人材を育成します。
 科学の発展に伴ってこれまで未知であったことが解明され、技術革新が進み、保健医療福祉の分野だけでなく、私たちの生活自体が大きく変化してきています。また、人工知能の開発は目覚ましいものがあり、それを活用する人間の英知が求められています。大きなうねりともいえる変化の中で、いかにして病む人に寄り添い、力を引き出し、生を全うできるよう支えることができるのか。どこに住んでいても質の高いケアを受けられるシステムは可能なのか。社会の期待に応えることが求められています。

 看護に関わる現象を言語化し臨床の知として形づくるプロセス、看護実践のエビデンスの探究にあなたも挑戦してみませんか。

研究科長 安田貴恵子