グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



長野県看護大学研究集会


 長野県看護大学研究集会は2004年度(平成16年度)から始まり、これまで県内看護職者との共同研究や長野県看護大学特別研究の報告、看護実践国際研究センターの活動報告を中心に、1年間の研究や活動の報告が行われてきました。
 現在では、看護職者による病院内研究や産学官連携関係者による研究発表、特別講演や交流会も加わり、研究や実践活動に関する意見交換、情報共有を通して、大学と様々な臨床現場との交流を深めています。

第20回長野県看護大学研究集会
日程:2024年3月14日(木)9:30~14:30
開催方法:オンライン(Zoom)
ミーティングID: 883 0151 6515
パスコード: 007612
参加対象:どなたでも参加可能です(参加費無料)
■参加登録
下記より事前にご登録下さい。
■プログラム
開会・挨拶 9:30〜9:35 大塚眞理子(長野県看護大学 学長)

特別講演 9:35〜11:05
「地域で暮らし続けるために求められる社会とのつながりとは?
〜フィールドワークからみえてきた気になる人、気になり始めた人の求める距離感〜」
講師 澤岡詩野 先生(ダイヤ高齢社会研究財団)

口頭発表 11:15〜12:00
11:15〜11:30
「コロナ禍における看護実習学生と新人看護師のコミュニケーションの様相と人を育てるポイント: ベテラン看護師へのインタビューから」
発表者 大曽根由季(長野県看護大学)
11:30〜12:00
「A病院で院内助産を10年継続してきた助産師、医師の思い」
発表者 中谷雅美(諏訪赤十字病院)

交流会 13:30〜14:30
「研究倫理研修: 個人情報保護法と個人の権利に関して」
企画 長野県看護大学倫理委員会

閉会・挨拶 14:30
古川亮子(長野県看護大学 FD・SD委員長)


ポスター・抄録発表(ポスターは,3/14〜3/31に研究集会サイトにて発表予定)

「急性期病院における認知症高齢者への身体拘束の早期解除に向けた取り組み 第3報」
発表者 古久根利奈(伊那中央病院)

「伊那谷アグリイノベーション推進機構の活動」
発表者 唐木好美(伊那谷アグリイノベーション推進機構)

長野県看護大学看護実践国際研究センター「出前講座チーム活動報告」
発表者 屋良朝彦(長野県看護大学)

長野県看護大学看護実践国際研究センター「キャリア形成支援部門活動報告」(抄録発表のみ)
発表者 河内浩美(長野県看護大学)


■研究集会に関するお問い合わせ先
長野県看護大学 FD・SD委員会(研究集会担当)
電話: 0265-81-5100(大学代表)
  1. ホーム
  2.  >  大学紹介
  3.  >  研究活動
  4.  >  長野県看護大学研究集会